img_6608

秋の夜長のお供をプレゼン

LINEで送る

こんばんは。皆さん秋の夜長を如何お過ごしでしょうか?

 

食欲の秋→そもそも食にあまり興味が無い

芸術の秋→美術館とか行くののめんどくさい

引きこもりの芸術の秋→TUTAYAでDVDレンタル

に行き着き、バフォの映画マニアのこの方々とTUTAYAに行く事に。

img_6608

 

この2人年間にかなりの本数の映画を嗜むらしく、火曜日に「昨日何してた?」という質問に2人共8割位の確率で「映画見に行ってました。」の返答をしてきます。

 

そこで、1つ提案を。
『俺に合う映画をプレゼンしてくれ‼︎』と提案してみると

img_6607

 

img_6606

 

 

2人共水を得た魚のように『任しといて下さい‼︎‼︎‼︎」と意気込んでくれました。

 

実は、僕は映画が苦手で、スタッフと仕事終わりにレイトショーなど行こうものなら会場が暗転すると同時に瞼にかなりの重力を感じ、開始10分程で極限の睡魔との戦いに勤しむほどです。

 

中盤に眠ってしまうので、映画の終了時に「何であんな事に?」と映画ファンに怒られそうなKY発言をかましてしまい、キレ気味に「えっ?もしかして寝てました?」と重い空気にしてしまう人です。

 

なのでこの2人にお願いして僕が眠くならずストーリー完全把握出来る映画をオススメして頂きました。

 

あいかちゃんが選んでくれたのがこちら。

img_6609

 

img_6610

 

「サヨナラの代わりに」という映画で、筋肉が萎縮してしまうALSという病気に侵された主人公の家にある日とある大学生がお手伝いで介護のバイトにやって来て2人の友情、介護を通じてどんどん変わる荒くれ大学生のヒューマンストーリーです。

 

では、あいかちゃんによるプレゼンをどーぞ。

ラモさんの未来wwこれは期待大です‼︎と思って見たのですが、主人公のケイトは最後病気で呼吸も出来なくなり死んでしまいます。そしてケイトの周りの人間はどんどん汚い部分をさらけ出し、「人間って怖い……」という印象でした。

もちろん感動するんですけど、この映画を「ラモさんの未来」とプレゼンするあいかちゃんの心の闇を垣間見た気がしました。

 

続いてたけは、

img_6611

 

ウザいですね。

img_6612

 

「シューテムアップ」という映画をオススメしてくれました。

やたら人参をかじる主人公が、とにかく銃撃戦しまくる‼︎敵を撃ちまくり、爽快ガンアクション。

イヤホンで見てたのですが音量には注意です。耳やられます‼︎

 

では、たけのプレゼンをどーぞ。

玉無しw酷い言われようです。ビデオを撮り終えて停止ボタンを押すと同時に殴りました。

 

見終わった感想は、とにかく最初から最後までハラハラドキドキ。全然眠くならない。むしろ銃撃音が脳に響いて寝れません。

たけには、「俺妊婦さんの映画とか感動する。コウノドリで号泣した。」という前情報も伝えてたので、物語の始めに妊婦さんがマフィアらしき方から逃げ惑うシーンスタートするこの映画を選んでくれたと思ったのですが、この妊婦さんは映画の冒頭で敵の銃撃を眉間に受け亡くなってしまいます。

僕の妊婦さんでの感動とたけの妊婦さんでの感動の違いがあからさまに出てしまった作品でした。

 

いやーしかし2人共【映画】の事となると本当に詳しく、生き生きとプレゼンしてくれました。

 

『自分の好きなものを相手に伝える』という事はとても難しい事ですし、ましてや『相手の事を考えてオススメする』という事は美容の仕事にも生かせるのでは?と思い今回お二人にプレゼンして貰いました。

見る側も「せっかくオススメして頂いたのでしっかり見て、感想をしっかり伝えねば」という使命感も生まれとても有意義な時間を過ごせました。

 

 

スタッフ一人一人の好きなもの、事にしっかり耳を傾けられる自分でいたいと思いました。

 

たけ、あいかちゃん本当にありがとうございました。とても楽しかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply