IMG_6883

【ダブルカラー】土台作りのプロセス

LINEで送る

こんにちは。今日はタイトル通り『ダブルカラー』について書いてみたいと思います。

 

ダブルカラーについては過去に何度か書かせて頂いたのですが、ダブルカラーをする以前にまず、“ブリーチでの黄色味をどう除去するのか?”が大切だと思います。

 

美容師1人1人色んなやり方があると思います。まずは、こちらの方法から。

【ブリーチ×2回or3回して黄ばみを取る。】

これはとても有効かつ、確実に白髪に近づき次に入れる色味もとても綺麗に発色します。が、しかし髪にもたらすダメージは甚大で切れ毛や、髪を濡らすだけでゴムの様に伸びてしまったりと日々のスタイリングもし辛くなってしまうとうデメリットもあります。

 

【黄色の反対色の紫のカラーを入れる。】

ブリーチ後のカラーリングには大体この『紫』という色味が黄ばみ除去には有効です。

アッシュやグレーにムラサキ10%ってな具合に少しだけ入れると黄色が除去出来て有効です。

しかし色が取れると、また黄色味が出た金髪に逆戻りというのもよく聞く話ですね。

 

【日々ムラシャンで黄ばみ除去】

ムラサキの色素が混ぜ込まれたシャンプーを定期的にするという事なのですが、僕も使用した事がありますが、正直「めんどくさい&シャンプーの使用感が好きじゃない」という元も子のもない状態で使用しなくなりました。後思ったより黄ばみは取れなかった印象でした。

 

どれだけ取り除いても出てきてしまう黄色。これを、1回のブリーチでどこまで取り除く事が出来るのか?が僕のダブルカラーで大切にしている点です。

 

そこで使用するのがこの色味。

IMG_6883

ん?どれ?

 

 

 

 

IMG_6884

真ん中の『ウォームベージュ』という色味です。

このウォームベージュという色味は日本人の色彩補正の為に作られた色味で、ブリーチ後のハイトーンの髪に、ウォームベージュ(ハイトーン)+求める色味で染めると退色した後の色味がかなり綺麗で黄色くなりにくくなります。

 

退色しても

IMG_6885

この様にあまり黄色くならずに退色してくれます。

この状態からでしたら黄色味が少ないので、アッシュやグレーの色味もかなり綺麗に発色します。

Mちゃん写真ありがとうございますw

 

なので僕のダブルカラーのプロセスは、

【ブリーチ1回→ウォームベージュ+色味で薄めのカラーリング→1ヶ月程度で退色した上から希望色】

という具合で染める事が多いです。

 

 

ダブルカラー=色がすぐ取れる

これはした事がある方は絶対に感じた事があると思います。なので、色が取れた時の色味も綺麗にする為の僕なりのプロセスです。

 

 

ダブルカラーをお考えの方は気軽にご相談下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply